2006年08月11日

兼松コミュニケーションズ、携帯電話からの個人情報漏洩を防ぐ電話帳サービスを開始

兼松コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区西新宿8−5−1、代表取締役社長:長谷川 久也)は、携帯電話やPHSからの個人情報の漏洩防止に役立つサービス「KCSセキュア電話帳」を8月11日より開始します。

 企業には個人情報が漏洩、滅失、毀損の危険にさらされないよう、技術的・組織的な保護措置を施すことが義務づけられていますが、ずさんな情報管理による個人情報漏洩事件は多発しています。これらが招く結果は企業の価値や信頼を失い致命的なダメージを与えます。
 「KCSセキュア電話帳」は、個人情報のたくさん入った携帯電話の電話帳をセキュリティー対策が整ったセンターで管理し、携帯電話の紛失・盗難などによる情報流出防止を第一に考えながら、使いやすさにも配慮したサービスです。また、携帯電話の総合管理サービスとして平成13年より多くの企業様にご利用いただき既に16万回線を運用管理している「KCS Motion」と「KCSセキュア電話帳」とを連携させることで、企業義務である個人情報についての安全措置、管理義務と携帯電話の運用・購買・通信費管理まで網羅できるようになります。
posted by らすお at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。