2006年08月30日

KDDI、「トヨタモデル」の携帯電話を発売

KDDIは30日、トヨタ自動車と共同で開発した第3世代携帯電話「TiMO (ティーモ)」(東芝製)を10月下旬に発売すると発表した。東芝製携帯電話「W44T」をもとに緊急通報サービスや近距離無線通信規格「ブルートゥース」のサービスを強化、色やデザインを変えた。全国のトヨタ販売店で販売する。

 日本緊急通報サービスが提供する、緊急時にボタンを押すだけで通報できるサービスを1年間無料で利用できる。「ブルートゥース」を使ってトヨタ自動車の車載情報サービス「G―BOOKアルファ」をハンズフリーで利用できるようにするために、初期登録の仕組みを簡便にした。トヨタ自動車の関連サイト「GAZOO」にもワンタッチで接続可能。別売の専用車載充電台はアームレストに固定可能で、車内で充電しやすくした。

自家用車がトヨタ車なんですが、携帯を機種変してくれとしつこく言われます。営業の人はノルマが有るみたいで、泣きそうな声で訴えていましたが、丁寧に断ってしまいました。だって、欲しい機種じゃなかったんだもん・・・

w44tt.jpg
posted by らすお at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23023667

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。