2006年10月24日

ソフトバンク、加入者間で携帯通話料無料

23日夜、ソフトバンクモバイルは、加入者間なら通話料金が無料になるなどの同社携帯電話の新しい料金プランを記者会見で発表した。

 新しい料金プランは、ゴールドプラン、ブループラン、オレンジプランの3つの系統に分けられる。ゴールドプランはソフトバンクのオリジナル料金プラン。ソフトバンク携帯間の通話とSMS(ショートメール)が無料で、基本料金は月9600円(税別)。携帯電話では初めての通話料定額プランだ。

ブループランはNTTドコモの料金プランとほぼ同様の内容で、基本料金がドコモよりも200円安い。オレンジプランは、auの料金プランとほぼ同様の内容で、基本料金がauよりも200円安い。ブループランとオレンジプランで、業界一位と二位に挑戦状をたたきつけた格好だ。

 10月26日から、ソフトバンク大創業祭と銘打って、キャンペーンが始まる。ゴールドプラン加入者は初年度から基本使用量が70%引き、番号ポータビリティ制を利用して他の携帯電話会社から移る場合には、現在加入している会社の利用年数をそのまま引き継いで、ソフトバンクでの長期割引が適用されるなど、孫社長の面目躍如といったところか。

 ソフトバンクは、スーパーボーナスの導入で、ドタバタとしていた。新しいプランが始まったのに、総合カタログにもホームページにも説明が書かれてなく、利用客は店頭で説明を受けるしかなかった。しかも、販売店にまで連絡が徹底しておらず、店舗によって対応が分かれるなどの不手際もあった。

 新たな料金プランは、番号ポータビリティ制の導入開始前夜になんとか間に合った様子だ。

posted by らすお at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。