2008年06月17日

携帯の中身をパソコンなどから家族が盗み見るということは無理だと思います。


携帯電話番号ポータビリティはこういったことをなくし、今使っている電話番号が携帯電話会社を変更しても使えるようにするものなのです。
リチウムポリマー電池はメモリー効果が無く、くり返し充電に強いため乾電池式の充電器と比べ、環境にも優しい電池です。
以前はニッケル水素電池という充電池が一部のモデルで使われており、その「ニッケル水素電池」では、「継ぎ足し充電を繰り返すと電池自体の容量が減ってしまう『メモリー効果』」が起こっていた
新幹線の新大阪京都間についてはキャリアに関係なく携帯電話が繋がりにくい状況が発生しているのですが、その理由はなんと「基地局が過密状態だから」とのこと。メカニズムとしては、移動中の場合、電波状態の最も良い基地局を切り替える仕組みになっているのが、200Km/h以上で走行する新幹線では、「電波状態の最も良い」基地局が次々に現れるため、その切り替え選択に手間取ってしまい、一時的に繋がらない状態が発生するということのようです。
身体の動きに反応して発電、携帯電話などの携帯機器を充電可能な繊維を開発中
携帯端末には一台一台に電話番号とは別の個体識別番号があります。
いつでもどこでも携帯電話を持ち歩きましょう。
posted by らすお at 15:25| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。