2007年07月09日

auショップで海外用携帯電話のレンタル受付

KDDIは、auの国際ローミングサービス「GLOBAL EXPERT(グローバルエキスパート)」対応の海外用携帯電話の貸出・返却手続きを、8月1日よりauショップで行なえるようにする。

海外で使える携帯電話をレンタルしてくるそうですが、海外でもそのままつかえるんじゃなかったっけ?海外ローミングの契約しないとだめなのか・・・でも海外に行くこともないし、海外で携帯電話使うことも無いから関係ないや・・・
posted by らすお at 16:37| Comment(0) | TrackBack(1) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

KDDI、「トヨタモデル」の携帯電話を発売

KDDIは30日、トヨタ自動車と共同で開発した第3世代携帯電話「TiMO (ティーモ)」(東芝製)を10月下旬に発売すると発表した。東芝製携帯電話「W44T」をもとに緊急通報サービスや近距離無線通信規格「ブルートゥース」のサービスを強化、色やデザインを変えた。全国のトヨタ販売店で販売する。

 日本緊急通報サービスが提供する、緊急時にボタンを押すだけで通報できるサービスを1年間無料で利用できる。「ブルートゥース」を使ってトヨタ自動車の車載情報サービス「G―BOOKアルファ」をハンズフリーで利用できるようにするために、初期登録の仕組みを簡便にした。トヨタ自動車の関連サイト「GAZOO」にもワンタッチで接続可能。別売の専用車載充電台はアームレストに固定可能で、車内で充電しやすくした。

自家用車がトヨタ車なんですが、携帯を機種変してくれとしつこく言われます。営業の人はノルマが有るみたいで、泣きそうな声で訴えていましたが、丁寧に断ってしまいました。だって、欲しい機種じゃなかったんだもん・・・

w44tt.jpg
posted by らすお at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

au今秋「おサイフ」機種を倍増 年度内に普及700万台へ

KDDIは23日、今秋発売するau携帯電話から、レジでかざすだけで支払いができる「おサイフケータイ」の機種数を、現行の5機種から10機種程度に増やすことを明らかにした。これにより今年度中に普及数を現在の約300万台から700万台に引き上げる。

 今後はジェーシービー(JCB)などが推進する携帯電話によるクレジットサービス「クイックペイ」ソフトをあらかじめ組み込んで出荷。簡単な手続きで後払い方式の“携帯クレジット”を利用できるようにし、先行するNTTドコモに対抗する。

残念!機種変したばっかりなので試せない。でも便利になりすぎると金銭感覚狂うのであまりこの機能は使わないでしょう。
posted by らすお at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

KDDIとJCB、携帯クレジットで提携・標準装備に

KDDIとジェーシービー(JCB)は携帯電話をクレジットカード代わりに使う携帯クレジットで提携する。KDDIの携帯端末にJCBの決済ソフトを組み込み、購入後すぐ使えるようにする。KDDIは今秋以降発売する端末の大半に同ソフトを標準搭載。電話番号を変えずに携帯会社を替えられる番号継続(ポータビリティー)制の10月開始をにらみ、携帯クレジットで先行するNTTドコモに対抗する。

携帯クレジットは携帯端末を店頭の読み取り機にかざすだけで、後払い方式で買い物ができる。

KDDIは今秋をメドに非接触ICチップを内蔵した携帯端末に、JCBが開発した携帯クレジット「クイックペイ」のソフトを搭載する。搭載端末の価格は従来と同じ。利用者は一回2万円を上限にJCBの携帯クレジット加盟店で買い物が可能になる。
posted by らすお at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI、携帯通信速度を向上 12月から新サービス

KDDIは22日、携帯電話「au」のデータ通信速度を大幅に向上させ、動画などをスムーズにやりとりできる新サービスを12月から導入すると発表した。対応する端末を12月に発売、テレビ電話のサービスも開始する。

 NTTドコモやボーダフォンも近くデータをより高速に取り込めるサービスを開始する予定だが、KDDIは利用者側からデータを送信する「上り」速度が速いのが特徴だ。

 上りの通信速度は現行の毎秒最大144キロビットから1.8メガビットに12.5倍もアップ、「着うた」などをダウンロードする「下り」は2.4メガビットから3.1メガビットに向上する。

 大容量の動画と音声のデータの送受信が必要なテレビ電話への参入が可能となったほか、最近人気のブログ(日記風サイト)などへの動画送信も手軽にできる。
posted by らすお at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

auのジュニアケータイに、電源オフGPSメールや防犯ブザー機能を搭載した新モデル

KDDIと沖縄セルラーは、auの第3世代携帯電話「CDMA 1X」の新ラインナップとして「ジュニアケータイ A5520SAII」を9月上旬より全国で順次発売する。

 ジュニアケータイ A5520SAIIは、三洋電機製の折りたたみ型携帯端末。2.2型QVGA(240×320ドット)液晶、131万画素カメラを搭載する。電源をオフにするとあらかじめ設定した間隔(15分、30分、60分から選択)でGPS位置情報が保護者にメールされる。また、付属の電池止めキットにより電池を本体に固定し、電池の抜き取りによる強制的な電源オフを防止した。さらにキー、またはサイドの「ブザー」ボタンを長押しすると約98dBのブザー音が鳴り、同時に保護者にGPS位置情報が自動的に送信される「防犯ブザー」機能を備える。

 GPSによる安心機能が充実しているのが特徴で、子供の居場所が確認できる「安心ナビ」のほか、緊急通報や現場直行サービスを提供する「ココセコム EZ」、子供の居場所を最寄りの消防署、警察などに通報する「HELPNETケータイ」といったサービスを有償で利用できる。

A5520SA2.jpg
posted by らすお at 18:39| Comment(0) | TrackBack(1) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

「auオークション」と「モバオク」で決済エスクローサービス「モバペイ」が利用可能に

KDDIとモバオクは、携帯電話のインターネットサービスで提供されているオークションサービス「auオークション」、および「モバオク」において、8月21日より決済エクスローサービス「モバペイ」を導入すると発表した。

 モバペイは、ディー・エヌ・エー、三菱東京UFJ銀行、農林中央金庫の3社の共同出資により設立されたペイジェントがauオークション、およびモバオク向けに提供する決済エスクローサービス。オークション終了後、ペイジェントが落札者から購入代金を預かり、出品者が落札者に商品を発送したことを確認した後に購入代金を出品者に送金する仕組みにより、安全な取引が可能となる。
posted by らすお at 16:57| Comment(0) | TrackBack(1) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

au端末3機種に不具合 - 強制リセットや画像表示に異常

KDDIは、同社携帯電話auの端末3機種に不具合があると発表した。同社では問題を解決するソフトウェアを公開しており、端末の更新機能によりソフトウェアのアップデートすることが可能。

カシオ製端末「W42CA」と日立製端末「W42H」では、端末のソフトウェアの一部に問題があり、メール送受信時に、宛先や件名、本文に特定の文字があると電源がリセットされる現象が発生する。

また、京セラ製端末「A5521K」では、特定の状況下において発信履歴やアドレス帳の表示や背景、アイコン表示などに不具合が発生。さらにメール作成やアドレス帳に文字入力を行った際に電源がリセットされる。

いずれも端末に搭載されているソフトウェアの更新機能「ケータイアップデート」を利用することでソフトウェアのアップデートが可能。
posted by らすお at 14:01| Comment(0) | TrackBack(1) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI、“家族割 ワイドサポート”の基本使用料を改定

KDDI(株)と沖縄セルラー電話(株)は15日、中学生以下および60歳以上のユーザーに向けた割引サービス“家族割 ワイドサポート”において、契約まもないユーザーの基本使用料を改定し、実質値下げすると発表した。料金改定は10月1日から実施される。

家族割 ワイドサポートは、“CDMA 1X”の料金プランに“サポートプラン”と“年割”“家族割”を契約することで、標準の基本使用料(3570円)が最大55%割引となり、1575円で au携帯電話を利用できるサービス。従来は契約から3ヵ月間は2100円の基本使用料を支払う必要があったが、10月1日からは契約開始時から1575円で利用できるようになる。
posted by らすお at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

au、『W42CA』と『W42H』の不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は10日、カシオ計算機(株)製のau携帯電話機『G'zOne W42CA』と(株)日立製作所製の『W42H』の内蔵ソフトウェアの不具合を解消する、オンラインのソフトウェア更新サービス“ケータイアップデート” を開始した。

今回のアップデートで、“宛先”、“件名”、“本文”などに「%n」や「%1n」といった文字列が入ったメールを受信したとき、もしくはその文字列をメール作成時に入力した際に、再起動するという不具合が解消される。

「%」と「n」の間に0〜255桁の数字、「+」、「-」、「#」、「.」、「 (半角スペース)」などの文字列を受信、入力しても再起動されるほか、「n」を「s」に置き換えても同様に再起動される。

更新サービスを受けるための情報料、通信料は無料で、アップデートには時間がかかるため、即時更新のほか、あらかじめ設定した時間にダウンロードして更新することもできる。なお、今回のアップデートでは更新にかかる時間は約6分程度だとしている。
posted by らすお at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI、米国/ハワイでの国際データローミングサービスを開始

KDDI、沖縄セルラーは、2006年8月10日、両社の国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」において、米国、ハワイでのデータローミングサービスを同年8月16日より開始すると発表した。

今回の米国、ハワイの2地域の追加により、au 携帯電話の国際データローミングサービスの利用可能エリアは、韓国、中国、タイ、台湾、グアム、サイパンと合わせ8の国および地域となる。

米国、ハワイにおけるデータローミングサービスエリアは Verizon Wireless の提供エリアに限られる。

対応機種は、A5514SA、A5505SA となっており、渡航前に最新の PRL(ローミングエリア情報)に更新することで、米国、ハワイにおいて、音声通話サービスに加え、Eメール送受信や EZweb による Web アクセス、Cメール受信を利用できる。
posted by らすお at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

KDDI、番号継続手数料「転出」2100円に

KDDIは9日、電話番号を変えずに携帯電話会社を乗り換えられる番号ポータビリティー(継続)制度で、他社に転出する際にかかる利用者の手数料を 2100円にすると発表した。同制度に関する手数料の公表は初めて。今後NTTドコモやボーダフォンも順次公表する。3社はまた番号継続サービスを10月 24日から始めると正式発表した。

 KDDIは「au」から他社に転出する場合の手数料を最後の契約月の利用料金に上乗せする。一方、他社から「au」に切り替える場合、利用者はまず転出元に手数料を払う。「au」に転入するための手数料は無料としたが、通常の契約事務手数料(2835円)は必要になる。
posted by らすお at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

最新型携帯電話 2種類に欠陥

大手通信会社KDDIが販売する最新型の2種類の携帯電話で、特定の2文字を含んだメールを受信すると電源が自動的に落ちる欠陥があることがわかり、KDDIで対策を検討しています。欠陥が見つかったのは、KDDIが1か月ほど前に発売したばかりの最新型の携帯電話で、カシオ計算機製の「W42CA」と、日立製作所の「W42H」の2つの機種です。

詳細は不明ですがとりあえず、速報と言う事で。
posted by らすお at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

auのW42CAとW42Hに強制再起動する不具合

auのW42CAとW42Hに、特定の文字列で端末が強制的に再起動してしまうバグがあることがわかった。

 不具合は、メール作成時に特定の文字列を入力すると再起動するというもの。また、特定の文字列を含むメールを受信して表示した場合でも再起動する。この特定の文字列とは、「%n」および「%S」のことで、「%」と「n」の間に0〜255の半角数字や「+」「-」がある場合も該当する。

 KDDIでは、今回の事象についてユーザーからの指摘を受けてすでに確認済みとしている。原因はメール部分のソフトウェアの不具合によるもの。同社では、事象が発生する条件が限定的であるため、基本的にソフトの改修を行なわず、発表も行なわない方針を固めている。

 ただし、気になるユーザーに対しては、ショップ店頭での預かり修理という形で対応する。店頭の端末については順次改修される予定だ。
posted by らすお at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

KDDI、シニア層にも簡単操作のケータイを発売

KDDI(au)は3日、操作が簡単な携帯電話端末「A1406PT」=写真=を9月上旬に発売すると発表した。韓国の携帯電話メーカー、パンテック&キュリテルが開発した。キーや表示される文字を大きくするなど、シニア層や初めて携帯電話を持つ人にも使いやすくした。

 キーや文字を大きくしたほか、受話音を大きくする設定も可能。よく電話する家族や友人などをあらかじめ登録しておけば、ボタンを押すだけで通話できる「ワンタッチキー」も搭載した。カメラやインターネットサービス「EZweb」も簡単に使える。

 折り畳んだ状態で前面にあるキーを長押しすることで大音量の警報を鳴らす防犯ブザー機能も付けた。本体の厚さは20ミリメートルと薄型で、シンプルなデザインを採用した。オープン価格で店頭実勢は8000円程度。
posted by らすお at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

KDDIと沖縄セルラー、「CDMA 1X」の新ラインナップとして「簡単ケータイ A1406PT」を発売

KDDI、沖縄セルラーは、auの第3世代携帯電話「CDMA 1X」の新ラインナップとして、初心者のお客様にも気軽に携帯電話をご利用いただける「簡単ケータイ A1406PT」(製造: パンテック&キュリテル Pantech&Curitel Communications,Inc.) を本年9月上旬より全国で順次発売します。

 「簡単ケータイ A1406PT」は、やさしく手になじむ持ちやすい薄型ボディに、使いやすさと便利さを詰め込んだモデルです。
 ふくらみを持たせた大きく押しやすい「でかキー」や大きくわかりやすいキー表示、2.4インチQVGA液晶に最大40ドットの文字表示が可能な「でか文字」などに加え、ご家族やご友人など最大3件までのよくかける電話番号を登録しておくと、押すだけで簡単に通話ができる「ワンタッチキー」を備えました。初めて携帯電話をご利用になる方や、携帯電話の操作が苦手な方にも、電話やメール、カメラ、EZwebといったよくお使いの機能を簡単に操作いただけます。
 また、薄さ約20mmのシンプルな薄型ボディには、135万画素カメラ、簡易ライト、赤外線通信機能などの便利な機能と、いざという時に安心の防犯ブザー機能も搭載しています。
posted by らすお at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業向け携帯も「au」で攻める

個人向け携帯電話の契約件数でNTTドコモとデッドヒートを繰り広げているKDDI──。法人向けサービスの分野ではドコモの後塵を拝してきたが、いよいよ反転攻勢に出た。

 KDDIの2006年3月期の企業向け携帯電話の新規契約件数は、前期の約1.6倍に急増したのである。躍進の背景には、ブランド戦略の大転換があった。一言で言うならば、自社が持つ「強いブランド」の余勢を駆る拡大作戦である。
posted by らすお at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

KDDI、“ケータイでSNS”に本腰─「グリー」に出資

KDDIは7月31日、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「GREE」を運営する「グリー」が実施する第三者割当増資を引き受け、同社に3億6400万円を出資したと発表した。

KDDIは、PCと携帯電話間でシームレスに利用できるSNSを提供することで、新たなユーザー間のコミュニケーション手段を提供するとともに、 SNS経由での拡大が見込めるデジタルコンテンツやEコマースを発展させたい考え。なお、具体的なサービス内容や、サービスの提供時期については未定としている。

グリーはPC向けのSNS「GREE」(2004年7月)を2004年2月から提供する企業で、SNS業界では最大手の「mixi」に次ぐ二番手に位置付けられている。同社は2005年6月に携帯向けSNS「GREEモバイル」を導入するなど、モバイル向け事業にも注力している。

 今回の提携により両社は、それぞれの顧客基盤やブランド、事業ノウハウなどを融合し、携帯電話の強みを活かしたSNSサービスの企画・運営を共同で検討する。
posted by らすお at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

KDDIと沖縄セルラー、au携帯電話の法人向け音声定額サービス「ビジネス通話定額」を提供開始

KDDIおよび沖縄セルラーは、法人のお客様が同一名義で契約するau携帯電話をあらかじめグループ登録いただくことで、一定時間までのグループ内のau携帯電話相互間通話を定額とする「ビジネス通話定額」を本年11月より提供開始します。

 本サービスの利用により、全国どこでもグループ内の通話が定額でご利用いただけます。さらに、グループ外への通話についてもご加入の料金プランに応じた無料通話をご利用いただけるため、グループ内のみならず、グループ外への通話が多いお客様にも安心してご利用いただけます。
posted by らすお at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンダイナムコ、EZweb向け新作「ミスタードリラーアクア」

バンダイナムコゲームスは、EZweb向けゲームサイト「ナムコEZゲームス」で27日よりBREWアプリ「ミスタードリラーアクア」「ぼまぼま」の2タイトルの配信を開始する。

「ミスタードリラーアクア」は、人気アクションゲーム「ミスタードリラー」の携帯向けオリジナルバージョン。ゲームの舞台は海の中となり、ブロックを掘って壊していくことで閉じこめられた生き物を救出する。ゲームモードはタイムトライアルが3つに加え、制限時間の無いモードの合計4つが用意されている。

「ぼまぼま」は、携帯向けオリジナルパズルゲーム。一度の爆発ですべてのブロックを消せるよう、ステージのブロックにぼま(爆弾)を配置していく。全50ステージが用意され、おまけゲームも用意されている。

「ナムコEZゲームス」の利用料は月額315円。アクセスは「ゲーム」→「総合」から。
posted by らすお at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。