2006年07月14日

ENEOSのセルフスタンド、料金の支払いが携帯電話で可能に

新日本石油が運営するENEOSのセルフサービスステーションで、11月から携帯クレジットの「スマートプラス」と「ビザ・タッチ」が使用できるようになる。

 スマートプラスは、後払い方式の小額決済サービス。携帯電話または磁気カードを燃料油計量機の前にかざすことで支払いが完了する。
 ビザ・タッチは、VISAの非接触決済サービスで、いずれも小銭を用意する必要がなく利便性が高い。

 スマートプラスとビザ・タッチによる決済システムを導入するのは、全国約700店舗。今後は、スマートプラスやビザ・タッチ以外の決済サービスも取り入れ、将来的には全国のサービスステーションで電子マネーによる決済システムを導入する計画。
posted by らすお at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の「モバイルスイカ」、クレジットカード不要に

JR東日本は、携帯電話を乗車券代わりに使う「モバイルSuica(スイカ)」について、10月から同社のクレジットカードに入っていない人も使えるようにする、と13日発表した。利用者が10万人にとどまり、来春の100万人達成の目標が厳しくなっていることから、条件を緩める。

 対応機種の電話機に残高補充の情報を入れると、改札機にかざすだけで運賃が精算されるサービス。JRのカード会員以外の人もこのサービスが利用できるようになるが、定期券として使ったり、グリーン券を買ったりはできない。

 みずほ、三井住友、三菱東京UFJの3銀行の預金口座から残高補充できるサービスも10月に始める。
posted by らすお at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ヤマハ、20〜30代女性対象に「美」をテーマにした音楽・映像配信の携帯サイトを開設

ヤマハ株式会社は、株式会社NTTドコモ提供のi−modeおよびKDDI株式会社提供のEZweb向けコンテンツサービスとして、20〜30代女性を対象として、“美”をコンセプトに音楽・映像や各種情報を配信する着信コンテンツサイト、『Beauty Lounge(ビューティーラウンジ)』を7月14日(金)から開設します。

サイト名称:『Beauty Lounge(ビューティーラウンジ)』

コンテンツ:「美」をテーマとした着うた(R)や映像・動画、ブログやコラム、占いなどのコンテンツを配信する着信コンテンツサイト(NTTドコモ提供のi−modeおよびKDDI提供のEZweb端末向け)
サービス開始:7月14日(金)

利用料金:月額315円(315ポイント)/525円(525ポイント) ※税込・通信料別

*525円コースは、最大1,050ポイントまで未使用ポイントの持ち越しが可能です。
*テキスト系のコンテンツは非会員でも閲覧できます。
対応機種:i−mode、EZweb共に:着うた(R)・着ムービー対応端末全機種
  *端末の機能によっては利用できないコンテンツもあります。
  *上記以外でもテキスト系コンテンツは閲覧可能です。

アクセス方法:・i−mode[iMENU]より
         メニューリスト→着うた/着モーション→声/楽器/アレンジ→Beauty Lounge(セレブオルゴールラウンジ)
         ・EZweb[カテゴリで探す]より
         着うた→インストゥルメンタル→Beauty Lounge(美音セレブオルゴール◆歌詞◆)

美をテーマですか。美をテーマにした着うたってどんなのでしょうか?
posted by らすお at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

携帯電話使い名刺を管理できるサービス、ネットビレッジが提供へ

携帯電話向けサービス事業を手掛けるネットビレッジは早ければ今月にも、オンライン名刺管理のβサービスを開始する。名刺を携帯電話などで画像化し、メモなどをつけてネットワーク上で管理・参照できるようにする。サービス提供を前に、管理のためのキーワード設定などの手間を省きつつ、必要なときに必要な名刺情報を取り出せるような管理手法の確立を急いでいる。

 名刺管理サービスは、同社のポータル事業の一環。5月にパーソナル情報を管理する「BrainExplorer」、6月にはブックマークを管理する「RBOOKMARK」の両βサービスを開始したところ。BrainExplorerは、メモやスケジュール、日記などを思いついた段階で書き込み、個々人の発想を支援するためのツール。RBOOKMARKは、ブックマークに記事の一部やコメントをつけて保存できる。いずれも、インターネット経由でパソコンと携帯電話のいずれでもアクセスが可能だ。

 ネットビレッジはこれまで、携帯電話へのコンテンツ配信事業を中心に成長してきた。今後は、一般消費者や企業内個人を対象にした情報管理サービスを継続的な収益源の一つに育てたい考え。βサービスは無料で公開するが、将来的には、これらサービスを有償化したり、セキュリティ機能などを付加して法人向けに提供したりする狙いがある。すでに法人向けサービスとして、携帯電話から社内メールを読み書きするための「リモートメール」を提供している。

便利そうだけど、益々携帯電話の重要度が増して、壊れたりしたら大変な事になりそう
posted by らすお at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

徳島県内で携帯クレジット取扱店が拡大 チェーン店が11日

徳島県内で携帯電話をクレジットカード代わりに利用できる店舗が増えている。11日には阿波銀カード(徳島市、庄野邦彦社長)の加盟店である書店・CDレンタルの平惣(徳島県阿南市、平野惣吉社長)が県内8店舗で取り扱いを開始。その他にも多くの店から導入希望が集まっている。電子マネーの利用拡大をにらみ、四国でも取扱店が増えてきた。

 平惣が導入するのはNTTドコモのおサイフケータイを活用した携帯クレジット「iD(アイディ)」。三井住友カードや阿波銀カードのクレジットカードを保有したうえで、携帯電話に必要な設定をすれば買い物時にクレジットカード代わりに利用できる。電子マネー「エディ」のようなプリペイド(前払い)方式ではなく、利用した分を後でまとめて決済する仕組みだ。

 平惣の利用客は若者が多いが、電子マネーは取り扱っていなかった。若者を中心に携帯電話の活用が広がっているのを受け、顧客の利便性向上と今後の普及への期待を含めてiDの導入を決めた。
posted by らすお at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サミー,「777タウン.net」に「まとめてau支払い」を導入

オンラインパチスロゲーム「777タウン.net」をサービス中のサミーネットワークスは,月額使用料の決済方法として,新たに「まとめてau支払い」を導入すると発表した。

従来の携帯支払いによる期間会員コースでは1か月あたり1260円だったが,この「まとめてau支払い」を使えば,1か月あたり1050円で利用可能。同社はこれにより,先行配信された期待作「パチスロ北斗の拳SE」を,さらに手軽に楽しめるようになったとしている。

ちなみにその「パチスロ北斗の拳SE」だが,7月18日に予定されている実機のホール導入に合わせ,サミーは,NTT,KDDI,そしてVodafone,それぞれにある「サミー777タウン」において同作の携帯アプリ版を配信する。配信予定日はNTTドコモ版が7月17日, Vodafone版が19日,KDDI版が20日。
 これにより,もう,いつでもどこでもパチスロ北斗の拳SEをプレイできるわけで,ケンシロウもきっと喜んでいるはずだ。詳しくは,公式サイトで。

でも、結局ホールに行くんでしょ?
posted by らすお at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

富士通など、ハザマに「FeliCa」利用のビル入退室管理システムを構築

ハザマは、富士通株式会社、株式会社富士通ビジネスシステムの二社の協力のもと、「電子マネーEdy(エディ)機能付きFeliCa(フェリカ)対応カード」と「iモードFeliCa対応携帯電話」を利用し、オフィスへの入退室管理とパソコンからの業務システムへのシングルサインオンを可能とした管理システムを構築いたしました。

 本システムでは、「FeliCaカード」と「おサイフケータイ(R)」のどちらでも利用することができ、運用をできるだけ簡素化し、利用者にとっての利便性を確保しています。また、「FeliCaカード」はコピー・複製が難しく、また、おサイフケータイ(R)は指紋認証機能付き携帯電話を使用しているため、高いセキュリティを実現しています。

 また、既存のFeliCaカードのシステムやEdy機能を使用するため、最小限のシステム開発でセキュリティシステムの構築が可能となり、独自のシステムを構築する場合に比べ、低コストで高いセキュリティシステムの導入が可能です。

 ハザマは、2005年5月におこなった本店や関東土木支店などのオフィスの移転計画を機に、本システムの開発に着手し、移転完了と同時にオフィスへの入退室管理に本システムを導入し、同時に、高いセキュリティレベルによる管理が必要となるモバイルパソコンから社内LANシステムへのシングルサインオンについても一部運用を開始しております。

 また、本店などでの運用実績を活かし、大阪支店においてもセキュリティ強化を目的に本システムを導入し、2006年4月より運用を開始しました。本システムは本店と大阪支店で入退室管理を一元化しているため、従業員は本店、支店に関わらず、同じようにオフィスへの入退室およびパソコンからのシングルサインオンが可能です。

 ハザマでは、低コストで高いセキュリティを実現する本システムの運用実績を広くアピールし、オフィスビルやマンションにおいての採用をビルオーナーやデベロッパーに向け営業展開してまいります。

 なお、本システムは7月13日から7月16日までの間、幕張メッセ(千葉市)において開催される「Conet2006」の施工情報化協議会のブースにおいてその内容を展示しております。

あのですね、指紋認証って大変セキュリティの高いシステムだと思いますよ。はい。でも設置場所をよく考えてくれないと大変な事になりますよ!私の勤務する会社でも指紋認証を導入したのですが、よりによって日当たりの良い場所に設置した為に、指で触れる場所が熱い!!!認証する為には約1秒ほどの時間が必要ですが、まるで熱した鉄板に触れるかのごとくですよ!!いまであの状態だから、冬はどうなるのだろう?凍傷とかにならないだろうか?私の前に入った人が脂性の人だったときは認証する瞬間「ぬるっ」とした感覚があり、思わず寒気がしました。会社に入る前にはよく手を洗いましょう!!!
posted by らすお at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話のサービスエリア拡大を支援

総務省は、本日、群馬県知事から申請のあった移動通信用鉄塔施設整備事業に対して、補助金の交付を決定しました。

 今回、交付を決定した事業の概要は以下のとおりであり、事業完了後は当該地区において携帯電話サービスが利用できるようになります。

 なお、この交付決定により、群馬県内における本事業による鉄塔施設整備は10施設目となり、関東管内(1都7県、全23施設)で最も多くなっています。
posted by らすお at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

地ビール割引します あそびーち石狩 2杯目から

石狩海水浴組は、八日に海開きする石狩浜海水浴場「あそびーち石狩」の海の家で、地ビールを特製プラスチックカップで販売する。二杯目からも同じカップで飲めば、五十円を割り引くサービスも行い、地元産品のPRとごみの減量を目指す。

 同組合が販売するのは、石狩市内の「日本地麦酒工房」のビール。地元の自慢の味を海水浴客に知ってもらおうと、今夏から、八店舗すべてで「いしかりあそびーちらがー」として売り出すことにした。

 一杯(約三百八十ミリリットル)五百円で、二杯目からカップを各店に持参すると、四百五十円に割り引く。カップには花火やクジラのイラストをあしらい、携帯電話で読み取ると、同海水浴場の情報サイトに接続できるQRコードを付ける。
posted by らすお at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TCA、子供向けフィルタリングサービスをPR

電気通信事業者協会(TCA)は、いわゆる有害サイトを対象にしたフィルタリングサービス(アクセス制限サービス)の認知度向上を目指したキャンペーンを実施する。全国の自治体や学校などで60,000枚のポスターを掲示する。

 今回のキャンぺーンは、携帯各社が提供するフィルタリングサービスの周知を図る狙いで実施される。今年3月には、TCAやインターネット協会、日本インターネットプロバイダー協会などが共同で「フィルタリングの普及啓発アクションプラン」を発表。各種フィルタリングサービスの認知度を2007年 3月までに70%まで向上させるという目標が設定されている。同プランを受けて、TCA内には「青少年有害情報対策部会」が設置されている。

 また、6月30日に総務省から発表されたモニターアンケートの結果によれば、「アダルトサイトなどの有害サイトへ子供がアクセスしないよう制限する必要がある」とした回答が全体の93.8%に達している一方で、携帯各社のフィルタリングサービスの認知度は43.8%に留まっている。

 このような経緯を背景に、TCAでは認知度向上を目指してPRキャンペーンの実施を決定。ロゴマークや「有害サイトから子供を守る!」というコピーを定め、ポスターを制作。7月中に学校や警察署などに50,000枚、各キャリアのショップに10,000枚のポスターを掲示する。また総務省とも協力し、8月に開催されるイベント「ネット利用の安全と未来フォーラム2006」でも告知活動を行なう。

 TCAでは6日、報道関係者向け説明会を開催。プレゼンテーションを行なった青少年有害情報対策部会部会長でボーダフォン渉外部課長の西野茂生氏は、「どちらかと言えば、保護者をターゲットにした活動になるが、わかりやすいデザインのポスターを採用し、児童館などでも掲示する。特に期限は区切らず、認知度向上に努めていきたい」と語った。

 今後は、携帯キャリアだけではなく、固定網の通信事業者やISPに対してもロゴマークやコピーを使ってもらえるよう呼びかけていく。
posted by らすお at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

位置情報表示ができるSNS「どこよ!」がPCからの利用に対応

有限会社コミュニティ・スクエアは、位置情報が表示できる携帯電話向けSNS「どこよ!」で、PC版サイトのベータ提供を7月7日に開始する。利用は無料。

 どこよ!は、GPS対応携帯電話やNTTドコモの位置情報サービス「iエリア」で取得した位置情報を表示可能なSNS。7日に提供されるPC版ベータサイトでは、取得した位置情報を表示する「どこよ!レーダー」に加え、Google Mapsと連携した地図の表示にも対応。いずれも自分と登録した友人の位置情報がアイコンで表示され、アイコンをクリックして日記やコミュニティの閲覧、メッセージの送信が行なえるという。

 また、位置情報登録を除いた日記やコミュニティ、メッセージなどの機能はPC版でも利用できる。このほか、今後はブログ機能や気に入ったスポットを登録できる機能をPC版で提供したい考えだという。
posted by らすお at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ソースネクスト、“携快電話”ガンダム版を発売――「見せてもらおうか。携快電話の性能とやらを」

ソースネクスト(株)は5日、テレビアニメ“機動戦士ガンダム”の声優による音声ガイドを収録したパソコン用携帯電話ユーティリティーソフト『携快電話 14 機動戦士ガンダム』を今月28日に発売すると発表した。価格は付属品や仕様によって異なり、1980円から3970円までとなっている。

『携快電話14』本体はすでに6月2日に発売されており、今回の製品は特別版として発売されるもの。音声ガイドやスキン以外の基本機能は従来の製品(通常版)と同じ。前バージョンの『携快電話 13』でもガンダム版をリリースしていた。

携快電話14 機動戦士ガンダムでは、画面のスキンとして“連邦軍”“ジオン軍”が選択でき、それぞれ、アムロ・レイ(声優:古谷徹氏)またはブライト・ノア(声優:鈴置 洋孝氏)、シャア・アズナブル(声優:池田 秀一氏)またはランバ・ラル(声優:広瀬正志氏)のオリジナル音声による音声ガイドが流れる。また、アイコンを押したときに機動戦士ガンダム内で使われる効果音も流れる。

オリジナル音声では、劇中の名セリフをアレンジした録りおろしのボイスが用意されており、アムロでは「僕が一番携快電話をうまく使えるんだ」、シャアは「見せてもらおうか。携快電話の性能とやらを」などの音声が流れる。

「トリビア」の裏ナレーションがシャア・アズナブルなんですが、なかなか笑えるのでこれもお勧めです。あ、年齢35歳以上じゃないとだめ?
posted by らすお at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

ケータイ使った「防犯ハイテクマンション」増加中

玄関の鍵をかけ忘れても、外出先から遠隔操作で施錠。室内の異状を感知したら、お知らせメールが到着――。携帯電話を活用した、こんな「ハイテクマンション」が続々と登場している。集合住宅では1戸当たりのシステム導入費用が安く、防犯への関心の高まりも追い風に、不動産会社や電機メーカーはPRに力を入れる。

リクルートコスモスが先月販売を始めた川崎市内のマンション(地上24階建て)は、モニター付きの共用インターホンや室内をLAN回線で接続。携帯電話をリモコン代わりに、インターネットを通じて遠隔操作できる。ドアの電気・電子錠と連動させて戸締まりの確認や施錠ができ、部屋にセンサーを設置すれば、火災や不審者の侵入を携帯電話にメールで知らせることもできる。

 同社は05年2月以来、こうした携帯電話を使った防犯システムの導入を進めている。「防犯をキーワードに今後も物件を増やす」という。

 近年のマンションは大容量回線などの通信環境整備が進んでおり、高層なら世帯数も多い。警備会社による管理や巡回サービスに比べ、1戸当たりの導入費用を安く抑えられるといい、電機メーカーも販売に力を入れている。

 システムの販売台数で一歩リードするのが、松下電工の「エミット」。リクルートコスモスも採用している。三井不動産は、東芝の「フェミニティ」を30階以上の超高層マンションなどで導入している。

 サービス内容によって利用料は異なるが、外からの施錠確認やインターホン画像の転送ができて、通信料を除く基本料が月額630円と安い物件も出てきており、「理解を得られるはず」と電機メーカー側はみる。「ネット家電」と銘打ち、エアコンや照明などを携帯電話で遠隔操作する機能も売り出されており、そうした機能を含めても基本料は同1500円程度という。

特に一人暮らしや、お年寄りの世帯などには便利で欠かせないサービスになりそう。
posted by らすお at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤフー、携帯電話端末に対応したモバイル版「Yahoo!フォト」

ヤフーは7月4日、iモード、EZweb、ボーダフォンライブ!に対応した携帯端末で利用可能な、「Yahoo!フォト」のモバイル版サービス開始を発表した。

 すでにPC向けにサービスを提供しているYahoo!フォトは、Yahoo! JAPAN IDを取得していれば誰でも利用できるオンラインフォトアルバムサービスだ。デジタルカメラで撮影した写真などをインターネット上にアップロードして保存し、オンラインで作成したアルバムを、友達に公開して共有したりできる。

 同等のサービスを携帯電話で利用できるのがモバイル版Yahoo!フォトだが、携帯電話端末向けとしていくつか機能が追加された。まず、携帯電話で撮影した写真を、直接Yahoo!フォトにアップロードできるようになった。アルバムの編集や、公開、非公開といった設定も、携帯電話端末から行える。

 また、自分のアルバムの写真や友達が公開するアルバムの写真を、携帯電話の待ち受け画像のサイズで表示できる。気に入った写真は待ち受け画像として保存可能だ。さらに、写真をメールで友達に送る際、受信する相手の携帯電話の機種に合わせた表示になるので、画像サイズを意識することなく送信できる。

 モバイル版Yahoo!フォトの一部機能は無料利用も可能だが、携帯電話端末に合わせた画像表示など、全ての機能を利用するためには利用登録が必要で、月額210円(税込)の利用料が発生する。

これは結構色々な場面で利用方法が考えられそう。仕事でも使い道があるかも。
posted by らすお at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

携帯から給与明細をチェック、セゾン情報がASPサービスを開始

セゾン情報システムズは7月3日、携帯電話から給与明細を照会することができるASPサービスの「ビューラス ペイスリップ モバイル」を発表した。7月7日から提供開始する。価格は、従業員数で決まり、1人から1000人までの場合で月額5万円である。

 同社はすでに、パソコンからインターネットを介して給与明細を照会できるASPサービス「ビューラスペイスリップ」を提供しており、今回、携帯電話に対応した。これにより、1人1台のパソコンを持たない企業や、パートやアルバイトの勤務形態を取る企業での利用を見込んでいる。

 給与データは、ユーザー側の給与管理システムから、セゾン情報システムズがASPサービスに用いるサーバーに、同社のファイル転送ソフト「HULFT」を用いて送信する。その際、別途HULFTを導入する必要があり、初期費用は100万円。また、同社が提供する給与管理用のASPサービスを利用している場合は、初期費用が60万円で済む。

 ビューラス ペイスリップは、2002年から提供し、11社が導入済み。ビューラス ペイスリップ モバイルは初年度で10社以上の販売を計画している。

明細はもういらない?
そういえば、携帯の料金明細もメールだしこれからは明細はメールでの流れですね。
posted by らすお at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tカード&マーケティング、「TOL」ケータイサイトで「ティーポイントコンテンツ交換サービス」を開始

CCCグループのカード・ポイント事業を行う株式会社Tカード&マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原和彦)は、株式会社ツタヤオンライン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:服部達也)が運営する総合エンターテインメントサイト『TSUTAYA online(TOL)』のケータイサイトにて、着うた(R)、や着信メロディ、ゲームなどのデジタルコンテンツ購入に「ティーポイント」が使える『ティーポイントコンテンツ交換サービス』を、7月3日(月)より開始いたします。

 本サービスは、TSUTAYA会員証をお持ちでTOLのケータイサイトへ登録した方が得られるサービスで、通常は有料の着うた(R)や着信メロディ、ゲームなどのデジタルコンテンツ購入の際に、「ティーポイント」が使用できるものです。

今後、『ティーポイントコンテンツ交換サービス』では、着うた(R)、着信メロディ、ケータイゲームのほかに、新たなコンテンツ交換サービスメニューを展開していく予定です。
posted by らすお at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

「ワンセグ」と連携した番組放映、三菱商事とテレビ局2社

三菱商事はテレビ局2社と組み、3日から携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」と連携したテレビ番組の放映を始める。ワンセグ放送は4月に始まったが、まだテレビ局の収益を上げる仕組みは確立していない。3社は番組に連動する携帯電話向けサイトを手掛け、番組内容に沿った情報配信や通販などを試みる。

 三菱商事が組むのは東京メトロポリタンテレビジョン(東京MXテレビ、東京・江東)とテレビ埼玉(テレ玉、さいたま市)。東京MXテレビでは情報番組の中でハワイ情報を伝えるコーナー、テレ玉でも情報番組を流す。携帯電話用のサイトで番組に関連する衣料品や旅行商品、飲食店などを紹介・販売する。番組とサイトで連動した広告事業なども試す。
posted by らすお at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯実況アナウンサーの絶叫が携帯の呼び出し音に

サッカーW杯の熱戦を伝えるアナウンサーの絶叫を、中国のウェブサイトがこのほど、携帯電話の呼び出し音として売り出した。現在2元(約28円)で販売中なのは、イタリアが勝利した豪州戦で、試合後「(豪州は)国へ帰れ。さらばだ」などと叫んだ“商品”。

一方的な暴言としてメディアやネット上で論議を呼び、アナウンサーが謝罪したいわく付きの実況なのだとか。

日本では禁句の話題ですね。だって絶叫する場面と言えば・・・
posted by らすお at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

不朽の名作『かまいたちの夜』がボーダフォン、EZwebで再び蘇る!

ドワンゴは、EZwebとボーダフォンライブ!向けにミステリーアドベンチャーゲーム『かまいたちの夜』を配信する。配信開始日はボーダフォンライブ!が7月3日、EZwebが7月13日。

 『かまいたちの夜』は、SFCやPSで人気を博したサウンドノベルの名作『かまいたちの夜』の携帯版ゲームアプリ。吹雪で閉ざされたペンションを舞台に起きた連続殺人事件に、主人公の大学生「透」とヒロイン「真理」が挑んでいく。

 今回配信される『かまいたちの夜』は、本編となる「ミステリー編」をはじめ、「スパイ編」、「悪霊編」、「A Novel」、「探偵編」、「迷宮編」、「鎌井編」、「暗号編」、「迷路編」、「喜劇編」の全10編のアプリが用意されており、遊びたいシナリオをダウンロードする重量課金制となっている。

 今回用意されている全10編のうち、殺人事件の謎を小説風に読み進める「A Novel」、4年後の生活を描いた「探偵編」は、携帯アプリ版オリジナルのコンテンツ。『かまいたちの夜』をプレイしたことがない人はもちろん、もう一度『かまいたちの夜』の物語を楽しみたいというファンも、ぜひ利用してみよう。
私はドラクエがいい。
posted by らすお at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

米Google、Gmailなどのモバイル版サービスの提供を開始

米Googleは米国時間6月26日、新しいモバイル向けサービスの提供開始を発表した。同日より、携帯電話や PDAといったモバイル端末から同社の無料電子メール・サービス「Gmail」、ニュース・サイト「Google News」、ユーザーがカスタマイズしたGoogleのホームページ「Personalized Home」にアクセスできるようになった。

 モバイル向けGmailは、パソコンと同じようにWebブラウザを搭載したモバイル端末から「Gmail」(http: //gmail.com)にアクセスして利用できる。Gmailアカウントを使ってログインする。同サービスでは、使っている端末に合わせてインタフェースが自動的に最適化される。添付画像やファイルの閲覧ができ、Gmailの連絡先リストに電話番号が登録してあれば、送られてきたメッセージに携帯電話で返事ができる。アクセス方法に関わらず、Gmailメッセージは自動的に同期される。

 Google Newsは、Web検索サービス「Google」(http://www.google.com)からアクセスできる。「Google News」リンクを選ぶと、トップ・ニュースへのリンクやヘッドラインが表示される。ビジネス、科学/技術、スポーツ、健康、エンターテインメントなどのカテゴリ別に見ることも可能。ただし、表示する記事は、ニュース・ソースがモバイル表示に対応しているものに限られる。

 モバイル版のPersonalized Homeでは、Gmail、カスタマイズしたニュース・ヘッドライン、天気予報、株式情報、RSSフィードなどが閲覧できる。すでにパソコンで Googleホームページをパーソナル化しているユーザーは、WebブラウザからGoogleサイトにアクセスし、「Personalized Home」リンクを選んでサインインすればよい。次回からは自動的に、項目をカスタム設定したホームページにアクセスできるようになる。

 同日より提供されるモバイル向けGmail、パーソナライズ・ホームページ、Google Newsの利用は無料(ただし契約している無線キャリアのプランによってデータ通信料がかかる)。大半のWeb対応携帯電話機で利用できるという。これまでに、同社はこれらのモバイル・サービスを地域や言語を限定して提供していた。
posted by らすお at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。